犬ネタ・超豆知識

聴導犬を知って下さい。

070729_16410001_2
埼玉県ふじみ野市にある聴導犬普及協会の
『聴導犬見学会&サマースクール』というのに
参加してきた。

070729_13430001 070729_13440002
3時間半のうちの1時間ほど“聴導犬の仕事”の説明と
デモンストレーションを見せてもらった。
目覚まし時計がなると、右の写真のようにユーザーさんを
起こす。これがまた起きるまでしつこいしつこい^^;。

その他にも
玄関のチャイムが鳴れば前足でボティタッチをし玄関まで誘導。
電話が鳴れば同じくタッチのあと電話の所まで誘導。
火災報知器の場合は、タッチしたあとその場で伏せるのだ。

こうしたイベントを何故するのか・・・
協会スタッフの方々が口を揃えて言うこと
「聴導犬を知って下さい ! 理解して下さい !!」でした。
(身体障害者補助犬法を知って下さい)

ユーザーの体験談も聞きました。
「聴導犬を連れて入れるお店はまだまだ少ない。
盲導犬なら入れてもらえるのに・・・」なんてこともあると。
そんな場面に出くわしたら、周りの人の一声が必要です!
「この犬は補助犬(聴導犬)だから入れてあげて下さい」ってね♪

現在、全国でも13頭しかいない聴導犬、
盲導犬や介助犬と同じく身体障害者補助犬です。
どうぞ皆さん、聴導犬を応援し広めましょう♪
070729_13510002

盲導犬や介助犬はラブラドール・レトリーバーと
  ゴールデン・レトリーバーですが、
   聴導犬のほとんどはMIX犬(雑種)なのです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィラリア予防薬(終回)

いよいよ今シーズン最後の「フィラリア予防薬」投与の日。
3頭の我が娘たちには、しっかり飲んで頂きましたぞ♪
_mg_1928_500
何と言っても今回が最後。
あとは来シーズンまでないわけだから
いつもより一層ナ~バスにチェック!
●服用後およそ2時間以内の嘔吐
●服用後およそ6時間以内の下痢
       ↑
(これがあると薬が吸収されてない可能性ありです)

皆さんもかわいい我が子の体調管理に
力を尽くされたもぅ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

改正・動物愛護管理法施行!

Imgp0870 このM.ダックスは、ブリーダーと思われる人物に捨てられた子、数頭のうちの1頭です(ところどころハゲや腫瘍があり、毛並みが悪く、臭いもあります)。
保護してくれたのは、デート中のカップル。話を聞けば、その人物は夜11時頃、車の中から6,7頭の成犬を放り出し、立ち去ったそうです。そして、それだけではありません。こんな酷いヤツでも、この子にとっは飼い主なのでしょう・・・「置いて行かないで」と言わんばかりに足元にまとわりついたそうですが、無情にもお腹を蹴ったそうです。
怪我するくらい・・・。

今日(6月1日)から、動物愛護管理法が一部改正され施行します。
これにより、免許(届出制→登録制)の無い人はペットの販売が出来なくなりました。
登録を許可される条件が厳しくなっていますので、悪質な動物取り扱い業者は、今までのようには飼育・繁殖・販売が出来なくなり上記のようなことが起きるのだと思われます。

そして、身近なところでは一般家庭のブリーダーですね。
「一年に2頭以上販売、もしくは一年に2回以上出産させる」人も
登録が必要になったようです。お気をつけを!

※法律の解釈は難しいです。詳しくは最寄の保健所等にご確認をお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

愛犬が死んでしまうドッグフード!?

先日、日優犬高松のメルマガで、心配なニュースがあったのでお知らせです。
ダイヤモンド社のドッグフードで愛犬が大量死、『アメリカでリコール問題』が発生しているそうです。原因は、ドッグフードの中に発がん性物質が入っていた、とのこと。日本の正規輸入品(日本語パッケージ)は問題ないらしいのですが(でも心配)、並行輸入品(英語パッケージ)は危険なので、すぐに製造番号を確認して欲しいとのことです。製造番号はダイヤモンド社(日本の輸入元)のHPに表示されています。
※このページの太字になっているダイヤモンド社のところをクリックすればHPが開きます。

※5月19日追記・現在、上記HPが管理者により閉鎖されたようです。ペット達の命に関わる問題なのに、困りますね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

犬の避妊手術に助成金!?

Imgp0092 ←これ、気に入ってこの間から使ってます。
消毒・消臭剤でして、我が家では、散歩の後にマズルや体をこれを付けて拭いてます。もちろん、足もです。
「消臭」の他にも「ウイルス」「皮膚病」「外耳炎」「耳ダニ」とかにも良いらしいですよ。我が家の目的は、今のところ抗消臭と抗ウイルスです。
前置きが長くなりましたが。。。
これは、日優犬高松というショップで購入したのですが、そこのオーナーさんが教えてくれた情報を私も紹介させてもらいます。
なんと!『犬猫の避妊・去勢手術に助成金が出る』そうなんです。残念ながら、市町村によって出ない所もありますが、出してる自治体ってけっこう多いようです。申請時期も、場所によっては術後でも一定期間内であればOKなんてところもあるそうなので、一度、ご自分の住んでいる市町村役場や保健所に問い合わせてみるのが良いかと思います。maru地方は。。。市役所と保健所のHPを見た限りでは無さそうでしたが、明日の昼間にでも電話で聞いてみようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

犬フィラリア症勉強会。

Imgp0031 今日は、N先生のところで『犬フィラリア症の勉強会』が開かれたので参加してきました。メーカーさんの話で、要はフィラリア予防薬を正しく使用すれば、100%予防可能ということなのですが、フィラリアのライフサイクルや感染状況(時期)・感染形態など、分かり易く説明してくれたので、とても勉強になりました。この事により、なぜ6・7 ヶ月の間、1ヶ月に1回服用しなければならないのかなど理解できました。
また、フィラリア予防をしている方でも、気を付けなければならないのは「蚊が居なくなったからいいや!」と11月や12月の最後の1・2回を獣医師の指示なく止めてしまわないことだそうです。ワンシーズンの投薬期間中、最も重要な1回だと言っていました。ごめんなさい、理由は書きませんが、気になる方は獣医師に聞いてみていただければと思います。
それと、もう一つ。。。ワンコが薬を吐き出してしまっているのに気が付かないケースもあるので、服用後最低2・3時間はワンコの様子を見ているのが必要だそうです。
それと、春先は狂犬病の予防接種もあります。フィラリア薬と予防接種は同日にはせず、数日間離した方が良いようです。詳しくは、担当の獣医師にお確かめ下さい。
予防も大切ですけど、それで具合が悪くなったら困りますからね^^。
狂犬病予防接種・フィラリア予防薬・ノミダニ予防薬、はぁ~・・暖かくなると出費が^^;。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)