ボラネタ

無力

とある町に ひとりで電車に乗ったチョコラブちゃんがいました。

迷子になって 冒険が始まって
ちょっと不安だけど すっごくたのしい。

彼女はすぐ次の駅で降りました。

そしたら今度は、窓に鉄の棒がついた車に乗せられました。
「あたち、これには乗らなくていんだけどなぁ・・・」

でも、冒険。
ちょっと不安だけど すっごくたのしい。

車は 角をいっぱい曲がって 
大きな建物のあるところに止まりました。

そしたら今度は、棒で囲まれた小さな四角の中に入れられました。
「あたち、ここには入らなくていいのになぁ・・・」

でも、冒険。
ちょっと不安だけど でも赤ちゃんもいるからすっごくたのしい。

「あれ? あたちたち一緒に遊べないね」
「いつも隣同士だけ」
「あたち、もうここつまらないから おうちに帰りたい」
「おじさん、あたちを帰して」

「どうしてここから出してくれないの?」
「あたち、不安だよ・・・。」

6つ寝たころ おばちゃんが3人来ました。
チョコラブちゃんをジロジロ見たり、触ったり、ひそひそひそと。
でも、にこにこにこと話してます。

チョコラブちゃんにも分かった言葉がありました。
「今度はこのおばちゃんの家に行くのね♪
明日迎えに来てくれるのね。」

ちょっと不安だけど すっごくたのしみ。

チョコラブちゃんはいい子に次の日を待ちました。
楽しみに待ちました。

でも、チョコラブちゃんを迎えに来たのは、
はじめて見るおじさんでした。
そのおじさんはとても辛そうな顔をしています。

とおく遠く 車に乗りました。

ちょっと不安。すっごく不安・・・。

チョコラブちゃんは、魂になって 人間の難しい言葉も
わかるようになりました。

「あたちの命は救われるばすだったのに、
偉いおじさんが、決まりだからダメって言ったのね・・・」

チョコラブちゃん、助けてあげられなくてごめんね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迷子犬情報

迷子になった飼い犬を捜している飼い主さんへ

群馬県の各保健所で保護されている
犬たちの画像が見られます。
県内に限らず、埼玉などの近県の方も
ぜひチェックしてみてください!!

http://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=29167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷子の飼い主さんはどこ?

迷子と思われる犬や猫の情報サイトです。
http://gwannet.blog117.fc2.com/

携帯からもアクセス出来ます。
Qrcode_2
現在、ポメちゃんと豆柴(?)ちゃんが登録されています。
飼い主さんにお心当たりのある方はどうぞご協力下さい!

また、こちらは保健所で保護されている
わんにゃんの情報があります。
http://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=29146

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミがいた証。

Image001002
犬を、ラブラを、こよなく愛する方々に
是非お願いしたいことがあります。

この子がこの世に存在していたことを
覚えていてあげて下さいませんか・・・。

そして、いつか生まれ変わったら
今度こそは優しい飼い主さんの元で
生涯幸せに暮らせるよう祈ってあげて欲しいのです・・・。

ずっと愛されることを知らずに生きてきた“まー君”。

最期のほんの短い間だったけど、
キミの事を心から心配し、愛してくれた人が居たこと
気づいてくれてたよね・・・。

キミに会いたかった人、抱きしめたかった人
他にも沢山いたんだよ。

キミは何も悪くなかった。
これからは自信を持ってイキテ行ってね。



※まー君は4日の夜遅く、がんの為、千の風になりました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再会♪

070718_16310003_1 070718_16280001 070718_16270001_1
今日、MY Forest
ルフィとサンジのフードを買いに行ったら定休日だった。
でも、ラッキーな事にたまたまオーナーが居て
フードGet !! しかもLOVE(黒ラブ)にも会えた

およそ一年前、野良犬で保護後脱走した
“あの”黒ラブのLOVEです。
(お隣は先住犬のなつちゃんと諭吉)

M.Y Forestのオーナーさんの所の里子になり
今は“アーシャ”と呼ばれ
サプリやなんやらと心身ともに手厚いケアを
受けているようだった。

私を覚えているわけではないだろうけど
うっかり「ラブ!」と呼んだら
しっぽをフリフリ近寄ってきてくれた
(なつこくなったじゃん b^^ )

普段はショップに居ないアーシャ。
今日は思いがけず会えたこと、二回目のラッキー♪♪

一粒で二度オイシイ。
転んでもただでは起きない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いんふぉめーしょん。

1ヶ月以上も更新されなかったブログ。
5つ子ネタから急に「チョコラブぞろぞろ♪」でごめんなさい!

現在、我が家での保護日数は124日目。
ロビン・ゾロ・ナミは巣立ち、ルフィとサンジがまだ居ます。

Imgp0346_3
この子たちの保護から巣立ちは
後日まとめてご報告させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物慰霊祭

Imgp1893_1 Imgp1903_1
今日は、群馬県動物管理センターで行われた
動物慰霊祭』に行って来た。
処分施設である管理センターに初めて足を踏み入れた。
そして、初めて施設を目の当たりにした・・・。
今日は、処分を待つ犬や猫は居なかったものの
胸が締め付けられ、涙を我慢出来なかった・・・情けない・・・。
泣きたいのは、ここに連れて来られた犬や猫たちだろうに・・・

保健所に収容される犬は、飼い主が自ら連れてくるケースも
多いと言う。(犬が)病気になった、とか言いながら・・・。
「犬だって生きている、人間と同じ命ある生き物、病気にだって成り得るでしょう!!」
心の貧しい人ですね・・・。
こんな人は、自分が病気になった時、同じように家族や周りの人から
見捨てられるられるでしょうね・・・。

式が終わり、いくつかの保健所の担当の方と話が出来た。
皆さんも処分を望んでいない事が感じられた。
どれだけの時間が掛かるのか分からないけど
目標は“殺処分ゼロ”だと。
こんな言葉が聞けてとても(ボランティアを)やる気をもらった。
Imgp1898
-この装置に手を触れる必要のない町に、国になって欲しい-

ある方の話によると、
愛玩動物の飼い主の中で、2割は上級優良飼い主、6割は良いとも悪いとも言えない飼い主、そして後の2割はとんでもない飼い主、なのだそうです。
この後者の2割の飼い主は、何を言っても聞く耳を持たず、犬や猫を大事にしない人。
この人達の更正にはとても時間がかかり、沢山の労力を要する。
なので、時に目を瞑り、6割の飼い主のレベルアップを図るべき、だと。だから啓蒙啓発を頑張るように、と。

それには、私も上級優良飼い主目指し日々がんばらないとっ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プラス1匹ちゃんも巣立つ。

報告遅れましたが、今月2日の月曜日に
あとがまのプラス1匹ちゃんも巣立っていきました。
一度人間に見捨てられたこの子猫の行く末を
心配し応援してくださった皆さん、ありがとうございました!
もう、安心してください♪

私もホッとしたせいか、今日は寝まくりました~。
お昼寝なのに6時間(恥;)。
ショコラ・バニラ・タルトも一緒になってお昼寝お昼ね。
雨も良いものね♪目覚めた時、後悔しなかったもの。
Imgp1755 Imgp1758

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あとはプラス1匹ちゃん。

Img_2304
本日、最後の子猫(愛称・クーパー)の里親さんが
決まりましたーっ\^0^/
今まで応援して下さった方々、ありがとうございましたっ!
6匹共、きっと幸せになってくれることでしょう♪♪

あとがまのプラス一匹ちゃんも目やにや鼻水が大分良くなり、
きれいになってきました。
とってもかわいいおチビちゃんです。
きっと、優しく生涯面倒を見てくれる里親さんに巡り会えるよう、
皆さんまたまた応援お願いしまーす!!

そして、もう一つ良い事が
フレンチの舞ちゃんにも里親さんが見つかりました。
まだ独身で一人暮らしの若い女性(通常このような方には譲渡しません)ですが、お仕事柄ずっと一緒に居られるとのこと(舞ちゃんにはこれが一番大事)。沢山のボランティアの目と経験でチェックし、オッケーを出したようです。舞ちゃんも今まで何度も飼い主さんが変わってかわいそうだったからこれで最後!ずっとあのお姉さんに、最期までかわいがってもらおうね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あと一匹、でも一匹プラス。

今日、また一匹巣立っていきました♪
この子は、親子3人暮らしの家族になるそうです。

Img_2307
良かったね、幸せになろうね・・・

実は、この子、3つの病気持ちなんです。
耳ダニ・猫カゼ・寄生虫(コクシジウム)。
一日おきの
点耳薬と一日2回の目薬と一日1回の内服薬と一日2回の整腸剤で治療中。
なので、新しい飼い主さんも、これらの薬を続けて頂かなければなりません。
それを承知でこの子を家族に迎えてくれる。。。
その時が幸せを感じる時。ホントに嬉しい!!


一方で・・・
再び当施設前に子猫が捨てられました。
ダンボールに一匹入ってました。
そして、そこにはメモが・・・
「子供が拾って来たが、うちでは飼えません。返してきなさいと言ったが、かわいそうで出来ないと言われ、こちらにもって来ました。病気かもしれません。」
と言うような内容でした。
呆れてものが言えませんね・・・・・。

それでも、子猫には何の罪も無く、「ここへ来て命が助かったね」と
こっそり思う私でした。
私の所属する愛護団体もアークエンジェルズのような活動が出来たらいいのになぁ・・・と思います。

  resucue

| | コメント (6) | トラックバック (0)